• 業界NO1の知名度を誇る出会いサイト!

    雑誌掲載、ティッシュ配布等の広告活動にも力を入れているので幅広い年代の男女に圧倒的人気があります。
    利用者の大半はリアルな出会い目的の為、お試しの無料ポイントで出会うこともできます。

    SWEET LINEのバナー

    SWEET LINE

    • 不倫・即アポ
      割り切り
    • 女性の質が高く
      待ち合わせが早い
  • 目的が一緒だから出会うまでが早い!

    アダルトな出会い目的の女性がほとんどなので、出会うまでがスムーズで早い!登録無料!
    地域別に検索する事も出来ます!ご近所で相手探しいかがでしょうか☆

    ステップのバナー

    ステップ

    • 人妻・大人恋愛
      割り切り
    • セキュリティが
      万全
  • 今すぐSEX!!が目的な方はココ!!

    割り切り相手を探す時にオススメなのがコチラ!
    写メ&プロフィール検索であなた好みの相手を見つけることが可能。 更に、掲示板はエリア別に分かれていのですぐに会える相手を簡単に見つけることが可能。

    愛カツのバナー

    愛カツ

    • セフレ・不倫
      近所
    • サクラがいなくて
      安心安全

昼顔妻はかっこいいけどとても危険?知って得する不倫のリスク!


みなさんは、昼顔妻(ひるがおづま)という言葉をご存知でしょうか?最近、その言葉を冠したドラマが放送されたことでも有名になりましたね。これはもともとは日本語になかったものでして、とある雑誌編集者が造った、いわゆる「造語」というやつです。

昼顔妻は、昼の顔の妻と書きますが、この言葉の意味は、読んで字のごとく昼の時間帯、すなわち旦那のいない時間帯の妻の顔のことです。それはつまり旦那の知らない顔、旦那には見せない一面を意味しており、はっきり言ってしまえば、その夫以外の男と恋愛をする主婦を指す言葉です。恋愛とはいえ、それは結局のところセックスありきの関係です。要するに不倫ですね。

この不倫というやつは、響きはなんだか妖しげで魅力的ですし、誰にも話せない秘密の恋愛というのは、刺激的でさぞ燃え上がることでしょう。しかしながら、不倫をすることにはかなりのリスクが伴います。もし昼顔妻に今ならんとする主婦があれば、感情に流される前に、まずは不倫のリスクについて軽く学んでおくべきでしょう。

不倫のリスク

不倫は文化と誰かが言いました。しかしそれはまったくの見当はずれです。結婚という大切な約束、契約を違えてしまうその行為は、法律により――私なりの簡単な文に直せば――「離婚請求の要件を満たす」とされています。不倫自体は違法ではないし、セックスの事実がなければそれは法律でいうところの不貞行為にもあたらないわけです。しかし、法律がそうであったとしても、不倫行為は、どちらかといえば社会が許さない類のものです。

不倫のリスクについてひとつずつ述べていきましょう。まず、セックスレスや、旦那の不倫の事実がないかぎり、今の時代は不倫をしたほうが全面的に悪いとされます。女は理由なしには浮気しないもの、そういう考えはとっくの昔に滅びてしまったのです。旦那に悪いところがひとつもなければ、誰一人としてその妻に味方するものはないでしょう。間男を別として。

その昼顔妻の不倫が露呈し、旦那側がその証拠を揃えている場合には、まず離婚は免れません。探偵などのプロを雇えば、ある一人の人間が何日の何時にどこで何をしていたかを知り、それを写真に収めることなど容易いのです。また、「防犯目的に」家に録音器、監視カメラを仕掛ける男性もいます。それは盗聴や盗撮ではありませんから、裁判でも有力な証拠になるでしょう。とはいえ、離婚の調停には弁護士が介入しますし、不倫をした妻が決定的に悪いとわかっているのですから、裁判にまで発展することはほとんどありません。

さて、不倫露見後は旦那から直接、あるいは弁護士を代理に立てて、離婚請求がなされます。不貞行為があったと認められる証言テープや、写真、音声があった場合、何をやっても勝ち目はありませんから、離婚に応じるしかありません。ごねても無駄です。裁判になって大事になって、結局敗れて終わるだけです。

ちなみに、これは主婦の例ですが、働いている人の場合は会社にも不倫行為の連絡が行き、旦那さんの意志にもよりますが、まず間違いなく解雇されます。その他、むろん、親、親戚にも連絡が行きます。「妻が、私(旦那)以外の男とセックスをした。今離婚の請求をしている」という具合ですね。そのうえ、女だからといってタダで離婚できると思ったら大間違い。今はどんな人間でも、不倫をすれば慰謝料を請求されます。その間男にも別途請求が行くでしょう。相場は200万から300万。当然のことながら、旦那の財産を分与してもらえることはありません。

それと、もしお子さんがいたらの話ですが、その子供の意志も重要視されますが、親権はほぼ旦那に行くと思ってよいでしょう。何もなく離婚する夫婦などおりませんから、当たり前のことですが、その子供にも「母さんは父さん以外の男の人とエッチなことをしたんだよ。だから別れるんだよ」という説明がなされます。今の子は恋愛というものに敏感で、純粋であるがゆえに浮気、不倫を嫌悪しているケースも多数ですから、「それでもお母さんと暮らしたい」などと言う子供はまずいないと考えたほうがいいでしょうね。面会については、旦那に拒否されれば会うことは許されないでしょう。

昼顔妻とはかっこいい響きですが、一度それがばれて離婚にでもなれば、その小社会ではあなたは一生「セックスのことしか考えてない女」「子供がいながら他の男と関係を持った女」と後ろ指を指されることになります。やはり現実には不倫に否定的な考えを持つ人物が多いからです。それが嫌なら、新しい土地に移って何もかもやり直さなければなりません。

しかし、今まで主婦でやってきた女性が、どこかの会社の社員として雇われるなんてのは、相当に難しいことです。従って、離婚後は親に何もかも世話してもらうか、もしくは必死にパートでもして食いつないでいくしかないでしょう。時には身売りも必要になるかもしれません。不倫は本当に、ばれたらすべてを失ってしまうのです。

不倫をするなら

さて、不倫のリスクについて学んだところで、では不倫はいけないことなのかを考えてみましょう。答えはNOです。不倫は決して、悪いことではありません。どんなにかっこいい彼氏がいても、ついつい他の人に目移りしてしまうのは、やはり人間ですから仕方のないことです。一人の人をずっと愛しつづけるというのは、動物である人間には難しいことなのです。問題はそれを行動に移すか否かですが、リスクを理解したうえでなら、それは彼女の人生ですから、他人が口を出すべきではないですね。

もしあなたが不倫をしたいと思うのなら、出会い系サイトを使うのがよいでしょう。探してみれば、世の中には不倫をしたがっている人がかなりの数いるものです。もちろん、男性にもたくさんいます。リスクを共有することで、外に情報が漏れにくくなることを見ても、不倫相手には既婚者が最適でしょう。

しかし、向こうが昼間に仕事のある人だと、中々会えませんから、時間を作れないようなら諦めて、フリーターなどの若くて昼に会える男の子を狙ったほうがいいかもしれません。若い男はヤらせてあげると言えばほいほいついてきますので、簡単ですよ。旦那にはばれないよう、細心の注意を払って、事に及んでくださいね。